第25回 奥深きハープの響き

 

心地よい音につつまれる

冬の午後

 

日時 2017年1月15日(日) 開演14:00 (受付開始13:30

会場 横浜市大倉山記念館 ホール

           (東急東横線 大倉山駅より徒歩7分 → 会場アクセス

 

プログラム(予定)

◆ドビュッシー   亜麻色の髪の乙女

◆モーツァルト   ピアノソナタ K.333

◆グランジャニー      子供の時間

◆ヒンデミット   ハープソナタ

◆トゥルニエ    イマージュ組曲 第4番

          

 

 料金 大人・高校生 ¥2,000 中学生以下 ¥1,000 (全席自由、予約優先)

  ☆ 料金精算は開演10分前までにお願いします。

  ☆ チケットレスで運営しています。

  ☆ 就学前のお子様の同伴、入場はご遠慮ください。

 

 予約開始 : 2016年11月21日より

         予約受付→こちら

 

 出演者

 

景山 梨乃(かげやま りの):ハープ

 

8歳よりハープを始める。10歳からジュニアフィルに所属し、オーケストラで演奏する喜びを覚える。その後ベルリンフィル・カラヤンアカデミーで研鑽を積み、現在は東京交響楽団首席ハープ奏者。
2000年日本ハープコンクールジュニア部門第1位、2006年同コンクールアドヴァンス部門第1位、2002年リリーラスキーヌ国際ハープコンクールジュニア部門第3位、2008年同コンクールシニア部門最高位(1位なしの2位)併せて特別賞受賞、 2010年オランダ国際ハープコンクール第2位、同年USA国際ハープコンクール第2位併せてグリエール賞 (最優秀コンチェルト演奏賞)を受賞。2013年ジャック・タデイコンクール第1位、2016年ミュンヘンARD国際音楽コンクールで第3位

           N.Ikegami                         など、多数受賞。

これまでにメドック音楽祭、ベートーヴェン音楽祭、セルビアハープフェスティバル、世界ハープ会議inバンクーバー、仙台クラシックフェスティバル、防府音楽祭、女性作曲家音楽祭等で招待演奏。

ソリストとして、新日本フィルハーモニックオーケストラ、日本フィルハーモニックオーケストラ、 仙台フィルハーモニー管弦楽団、イル・ド・フランス管弦楽団、シンフォニエッタ・パリ等とコンチェルトを共演。またミュンヘンARD国際音楽コンクールのファイナルではバイエルン放送交響楽団と共演した。室内楽ではフルートのエマニュエル・パユ、チェロのルートヴィヒ・クヴァント等と共演。

東京藝術大学付属音楽高等学校を経て2008年同大学入学。学内にて福島賞、平山郁夫文化芸術賞を受賞。 2009年よりフジテレビより給付金を得てパリエコールノルマル音楽院に在籍。2011年、同音楽院最高ディプロムを審査員満場一致と特別評価を受け取得。その後ベルリン芸術大学で学び、同時にベルリンフィル・カラヤンアカデミー修了。

2013、2014年度(財)ロームミュージックファンデーション奨学生。これまでに渡辺かや、篠崎史子、早川りさこ、松井久子、イザベル・ペラン、 マリー=ピエール・ラングラメ各氏に師事。

 

 

最新ニュース

第25回コンサート

~奥深きハープの響き~

心地よい音につつまれる  冬の午後

2017年1月15日(日)

14:00開演

予約受付→こちら

 

 

第25回チラシ(pdf)
ダウンロードできます

こちら

 


 

第24回コンサート

(2016年11月20日)

の様子(写真)を

追加しました→こちら