第56回 躍動する音楽

多彩なピアニズムの煌めき

 

日時 2022年5月15日(日)

   開演14:00 (受付開始13:30

   

会場 横浜市港北公会堂(会場が変更になっています)

           (東急東横線 大倉山駅より徒歩7分 → 会場アクセス

 

プログラム(予定)

  ◆ブラームス:2つのラプソディ Op.79

  ◆ブラームス:3つの間奏曲 Op.117

  ◆シューマン=リスト:「献呈」 S.566

  ◆リスト:超絶技巧練習曲「鬼火」 S.139-5

  ◆リスト:ハンガリー狂詩曲 第2番 S.244-2

   ほか

 

料金 大人・高校生 ¥2,000 中学生以下 ¥1,000 (全席自由)

  ☆ チケットは発行しません

  ☆ 料金は当日開演10分前までに受付でお支払いください

  ☆ 就学前のお子様の同伴、入場はご遠慮ください

 

予約開始 : 2022年3月21日(月) 午前9時より

 

       予約受付はこちら

      

                    

       

出演者

 

黒岩 航紀(くろいわ こうき):ピアノ

 

1992年生まれ。東京藝術大学音楽学部ピアノ科を首席で卒業。同大学大学院修士課程修了後、ハンガリー、リスト音楽院にて研鑽を積む。第11回東京音楽コンクール第1位及び聴衆賞。第19回松方ホール音楽賞。第84回日本音楽コンクール第1位。第13回ヘイスティングス国際ピアノコンチェルトコンペティション第4位及びオーケストラプライズ。第6回秋吉台室内楽コンクール最高位。第4回いしかわ国際ピアノコンクール第1位。インムジカローマ国際ピアノコンクール2018第3位。2019年KIPA国際ピアノコンクール第1位。第27回青山音楽賞新人賞。第14回宇都宮エスペール賞。
これまでに国内では、東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、セントラル愛知交響楽団等と、国外ではロイヤルフィルハーモニックオーケストラ、ローマトレオーケストラ等と共演。また2017年にはロシア・サンクトペテルブルクより招聘され、サンクトペテルブルク国立アカデミーオーケストラと共演し、音楽監督セルゲイ・ロルドゥギン氏に絶賛される。バッハからコンテンポラリーまでレパートリーも広く、2019年東京オペラシティリサイタルシリーズ「B→C」出演。現在は国内を中心にソロ、オーケストラ共演に加え、荒川文吉氏(Ob.)、齋藤志野氏(Fl.)との「Trio Explosion」を始め、室内楽やアンサンブルピアニストとしても活躍。

2016年より共演者を迎えて行う室内楽「馬車道スタインウェイコンサート」は人気サロンコンサートシリーズとなっている。NHK-FM「ベスト・オブ・クラシック」「リサイタル・ノヴァ」「リサイタル・パッシオ」多数出演。
芹沢直美、秦はるひ、江口玲、ファルヴァイ・シャーンドル各氏に師事。
(公財)青山音楽財団奨学生。宗次エンジェル基金/(公財)日本演奏連盟新進演奏家国内奨学金制度奨学生。(公財)ロームミュージックファンデーション奨学生。
2017年のデビューCD「sailing day」に続く2019年2nd CD「展覧会の絵」は“唯一無二の音楽を奏でていて新鮮”と《レコード芸術》特選盤に選定。他誌からも”オーケストラ並みの色彩感””まさに音による絵画 “等、評される。
東京藝術大学ピアノ科、甲斐清和高校音楽科非常勤講師。

https://www.kokikuroiwa.com

 

第56回チラシ.pdf
PDFファイル 1.2 MB

当日の様子(写真)

 

当日のアンコール曲

①リスト : パガニーニの主題による大練習曲より「ラ・カンパネラ」

ブラームス : 愛のワルツ Op.39-15

③リスト : 愛の夢 第3番

最新ニュース

♪11月20日更新♪

第59回コンサート

~都築 惇 サクソフォン・リサイタル~

無事終演いたしました。

朝から気温が低く、午後には冷たい雨も降りだすあいにくの天候にもかかわらずご来場いただきありがとうございました。

 

《当日のアンコール曲》

M.ラヴェル作曲

「プレリュード」

 

当日の様子(写真)を追加しました。→こちら